投資だけではないシークエッジ

介護事業にも積極的な白井一成代表

株式会社シークエッジは、投資や貸金を中心とした業務を行う会社です。オフィスは東京と香港にありますが、本社業務としては、南青山にある東京オフィスで行っているようです。創業は古く、1958年になります。
この株式会社シークエッジは様々な事業を展開しているのですが、投資とは少し異なる事業にも力を入れているようです。というのも、社会福祉法人善光会を立ち上げているのです。シークエッジの創業者で、白井一成の父でもある、白井辰巳氏の長年の夢であった介護事業の分野での社会貢献を現実のものとしたのです。
ただ、この社会福祉法人善光会の立ち上げは投資という形ではなく、寄付という形をとっています。これは、介護事業による社会貢献、あくまでも利益のためではないということではないでしょうか。それだけ介護、社会貢献に強い思いをもっていたということになるのではないでしょうか。
実際に、社会福祉法人善光会は多くの拠点を持ち、なかでも東京都大田区東糀谷にある複合福祉施設サンタフェガーデンヒルズは国内でも最大級の福祉施設となっています。特別養護老人ホーム、障害者支援施設、介護老人保健施設といった複数の施設を一つにしたものです。サンタフェガーデンヒルズを皮切りに、東京都大田区を中心にいくつもの福祉施設をつくっています。
2005年に法人の設立が認可され、2007年にはサンタフェガーデンヒルズが開業しています。その後は、認知症対応型グループホームや特別養護老人ホーム等を次々設立しているようです。

【イチオシサイト】
→→白井一成(@shiraikazunari)さん | Twitter